37才パパの関西お出かけブログ

37才の京都勤務のWEBディレクターが、関西近辺のお出かけ情報や子育てなど日々の出来事を適当につづっていくブログです。

どうぶつしょうぎで子供に将棋を教える

子供に将棋を教えるために3才の時にどうぶつしょうぎを買いました。


将棋の駒に動物の絵や進む方向が書かれていて、小さな子でも将棋が遊べるようになっています。
今見ると値下がりして、アマゾンで1000円ぐらいで売ってます。

動物と将棋の駒は以下のように対応しています。

ライオン → 王将
ゾウ → 角
キリン → 飛車
ヒヨコ → 歩
ニワトリ → 金

どうぶつしょうぎでは、角と飛車はひとマスしか進めません。

さて、うちの子はどうかというと、一緒にやり始めると最初は大人しくやっていますが集中力が切れ出すと勝手にルールを作りだして(うちでは子供ルールと呼んでいる)、結果的にグダグダになってしまいます。でも最後は子供が勝ちますが。。

そんな子にはアプリ版がオススメです。

こちらは無料です。
アプリなので、ルールを無視した動きはできないようになっているので、大人しくやります。
最初はアプリ版をやる方がいいのかもしれません。


どうぶつしょうぎですが、将棋歴30年(途中25年ぐらいのブランクあり)の僕がやっても難しいです。駒が少ないのと、ひとマスしか動けないのでなかなか詰まないです。

うちの子も全然将棋を覚えてくれませんが、将棋に興味を持ってくれるキッカケにはなったので良かったかなと思っています。